| カテゴリ 冷え症の予防

冷えとデドッグに効く

玉ネギには、硫化アリルという成分が多く
含まれています。
玉ネギを切った時に、目が痛くなって涙が出るのが
この成分のためです。

硫化アリルは、毛細血管を広げ血行を良くします。
また、血液の中に含まれる脂質の量を減らしてくれる
働きがあります。

長ネギには、白い部分と葉っぱの緑色の
部分があります。
硫化アリルは、長ネギの白い部分に多く含まれています。
そして、体内でビタミンB1と結合しその吸収を良くするので、
エネルギー代謝をスムーズにし、疲労回復にも役立ちます。なお、ネギの緑色の部分には、カロチン・ビタミンC・
カルシウム・カリウムなどが多く含まれています。
カリウムは、むくみ防止の働きがあります。
ネギの緑色部分を捨てては、もったいないです。
緑色の部分も食べるようにしましょう。
posted by 冷え子 at 18:10 | 冷え症の予防
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。