| カテゴリ 冷え症改善法

冷え症解消に、お腹と仙骨

冷え症は手足が冷たくなって、つらいだけではありません。
免疫力も下がり、病気にもなりやすくなります。
体温が1度下がることで、免疫力は30%以上も下がるそうです。
身近な例としては、風邪やインフルエンザです。

冷え症解消には、体の中心のお腹と腰を温めるのは効果的です。

お腹には、肝臓、すい臓、胃、大腸、小腸などの大事な
臓器があります。
お腹を温めれば、内臓などの臓器も血流がよくなって、
臓器の働きも良くなり、お腹だけでなく全身が温まっていきます。

仙骨とは、背骨の一番下の部分の骨です。
仙骨部分には、自律神経が通っています。
この部分を温めることで、神経を圧迫していた筋肉が
ほぐれ血行が良くなります。

このお腹や仙骨を温める方法として、使い捨てカイロの利用。
仙骨手軽で、値段も安く売られています。
使い捨てカイロを、お腹はオヘソの下に
貼ります。

肌に直接貼ると、熱すぎるので
下着などの上から貼るようにしてください。
同じように、仙骨(※)の部分にも貼ります。

もうひとつの方法は、ペットボトルを利用する方法。
空のペットボトル(冷水用でなく、温かい飲み物用)に
50度くらいのお湯を入れて、蒸しタオルで包みます。
熱に蒸気も加わって、より体の奥まで暖まります。

※仙骨とは、骨盤の中央にある、背骨の一番下の
 部分の骨。

タグ:冷え症
posted by 冷え子 at 10:29 | 冷え症改善法
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。