| カテゴリ 冷え症の予防

体を温める食べ物、冷やす食べ物

中国では昔から「医食同源」で、食べることが病気予防、
そして健康の維持につながると考えられています。
健康にとって、医学も食事も同じように大切と言うことです。

食べ物には、大きく分けると
体を温める食べ物と、体を冷やす食べ物があります。

体を温める代表的なものは、冬に収穫されるものや、
寒い地域でとれるもの。
反対に体を冷やすものは、南の地方でとれる作物や
夏に収穫をむかえるものです。

【体を温めるおもな食べ物】
鶏肉、鶏レバー、豚レバー、羊肉、いわし、カツオ、さんま、
うなぎ、チーズ、ショウガ、カブ、カボチャ、ニンニク、ニラ、
ネギ、パセリ、ピーマン、らっきょう、あんず、プルーン、シソ、
もち米、玄米、くるみ、ぎんなん、トウガラシ、紅茶、ウーロン茶、
プーアール茶、よもぎ茶、ジャスミン茶、日本酒、しょう油、
コショウ、わさび、さんしょう、バター、みそ、大豆油など。

【体を冷やす食べ物】
馬肉、かも肉、あさり、しじみ、たこ、はまぐり、あさり、
大根、きゅうり、ナス、白菜、アスパラガス、セロリ、トマト、
れんこん、しめじ、たけのこ、ほうれん草、バナナ、キイウィ、
メロン、マンゴー、柿、なし、みかん、ゆず、そば、こんにゃく、
枝豆、豆腐、納豆、小麦、わかめ、のり、緑茶、コーヒー、
ビール、ワイン、白砂糖、酢、ゴマ油、塩、ミントなど。

冷え症の人は、体を温める食べ物を積極的に
摂るようにしましょう。
体を冷やす食べ物は、食べる時間帯や食べ方(煮たり
炒めたりなど熱を加えるなど)を工夫するなどする。

もっとも体を冷やすものは、合成保存料や着色料などの
化学物質です。
posted by 冷え子 at 13:27 | 冷え症の予防
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。